出先の駐車場でエンジンが始動しなくなりJAFでの搬入です。
image




セルモーターは勢い良く回っていますが初爆がありません。
簡易点検からスタートします。
インジェクターはカチカチと作動しています。
スパークプラグの火花もOK
そこでブレーキクリーナー(可燃ガス)を吸わせるとブルンと掛かります。
これで燃料系統に的を絞りトラブルシュートします。




フューエルポンプに電源が来ているか調べます。(コネクター裏にテストリードを刺します)
12Vの電圧がありOKです。
フューエルポンプ不良の可能性が大 ・ ・ ・
コネクターを外してみると 「ちょっと変だぞ?」
image




アース端子が接触不良により焼けています。
接触圧もなく「スコスコ」状態
image




同じ形の端子を捜して・・・
image




移植します。
image




これでエンジンは掛かるようになりました。が、お客様と相談の上、今後のことを考えて「フューエルポンプ」も交換することになりました。
フューエルラインを切り離し、ポンプユニット取り外し
image




ポンプユニット
image




フューエルポンプを交換します。
image




あとは元通りに組み付けて作業完了です。
image




名古屋市緑区のM様、ご入庫ありがとうございました。
何かお困りな事がございましたらご相談ください。
またのご利用、ご来店をスタッフ一同でお待ちしております。